Marriage Life

保護

ガーデンは完成したら、周期的に水をやり、そして、あとは収穫の日を待つだけでいいですよね?

いいえ、違います!完璧な世界ならば、それだけでいいでしょう。でも、人生というジャングルの中では、いつも何かが芝生の中で私の収穫を盗もうとたくらんでいます。鳥はトマトが大好きで、うさぎもニンジンが大好物。雑草は現れたら、まわりのいろんな栄養を奪いだす。その上、植物が大きくなりすぎたら、良い子実を作ることができなくなります。私たちは気をつけていないと、いつの間にか収穫は無くなってしまいます。

これから、ガーデンが必要とするのは「保護」(または「守る」「防ぐ」)です。有名なアメリカ人であるベンジャミン・フランクリンは、「少しだけの予防は多量のケアに等しい」と言ったことがあります。(日本では、「転ばぬ先の杖」が似ています。)問題を解決することよりも、問題が起こるのを防ぐことの方が良いと言う意味です。「より簡単なこと」と言う意味でもあります。そしてすべての結婚は周期的なケアを必要とするように、保護する事も必要とします。

私たちの結婚で保護を必要とする事柄が三つあります。

1.不健康な人間関係。これらはあなたの果実を盗みに来る害虫のようなものです。例えば、パートナー以外との性的な関係(ポルノ含み)や、仕事に時間をかけすぎている事(オーバーワーク)などがあります。または、友達が自分自身の結婚生活について文句を言い過ぎていて、そしてあなたはそれを何回も聞かされているうちに、あなたの心に良くない影響を受けてしまうかもしれません。他の人の不幸せがあなたの幸せを壊さないようにしましょう。保護しよう!

2.境界線の不足。あなたは結婚生活の中で、どのように自分の時間、お金、そして責任を管理していますか?ガーデンに境界線がなければ雑草が生えて広がって地面を覆ってしまうように、管理されてないお金や時間、責任が問題となり、良くない思いや環境が育ってしまうでしょう。境界線の引き方を知り、あなたの結婚パートナーシップを保護しましょう。

3.喧嘩。喧嘩をすること自体は悪くありません。ただ、ほとんどのカップルは正しい喧嘩の方法を知らないだけです。彼らは、問題を解決してお互いの関係を成長させるためではなく、パートナーを傷つける事と喧嘩に勝つ事のために、喧嘩をしています。喧嘩というのは、実は枝の剪定みたいなものです。うまく剪定をすれば、果実は増えます。同じように、正しく喧嘩をすれば、より健康な結婚パートナーシップを持つことができます。正しく喧嘩をする方法を知って、あなたの結婚パートナーシップを保護しよう。

この3つの保護の仕方を来週から具体的に見ていきます。

今週、あなたの結婚で「保護」を必要としている事柄がありますか?害虫がいることが分かったら、蹴散らしましょう!もしかしたら、お金の心配があなたの幸せを奪っていますか?正しい喧嘩の仕方を知らないといけないですか?

保護を必要とする事柄を見つけてから、パートナーと分かち合いましょう。「バカな答えはない」で書いてあるガイドラインを使ってください。

あなたの結婚パートナーシップを保護することはお互いをフルに楽しむために一歩近づくことです。良い収穫への道のりを旅しよう!

次:不健全な関係からの保護MarriageFooter